イラストレーターとしてfacebookとかSNSについて考えたこと


SNSの使い方、特にfacebookはビジネス用に特化したほうが良いかなと思いました。
よっぽどキャリアがあってファンが多くついている人なら日々の生活にもスポットが当たると楽しいかもしれないけど、ぼく程度の私生活なんぞ誰も期待してないし見せてもしょうがないってのはもうわかった。


おせっかいなfacebookに辟易してこのアイコンを入れた時点ではもうやめようかなと思ってました。
でもここ最近は名刺交換したあとに「facebookやってますか?」というのが段々と決まり文句になってきた。
そう言ってぼくの名刺を受け取ったあの人はこのあとfacebook見るんだ、ということはコレも名刺みたいなものじゃないか?
mixi時代から「SNS=ハンドルネームでの匿名参加型コミュニティ」という捉え方だったけど、あの頃は招待制で利用者も限定されていたから遊び半分でも使えたけど、最新のSNSを昔の感覚で使うのが間違いかも。facebookはオンライン&リアルタイムの名刺と考えた。
これは特に情報に敏感な人はそういう使い方してる。…こういうことはけっこう前からあちこちで言われてた。


さて、ではその名刺の延長に何を公開するのか。
そりゃあ、イラストレーターなんだから当然イラスト。あとそれに関する活動とか考え方とか。
異業種、とくにクライアントさんだったら何を知りたい?
そうやって淘汰していったら、そりゃ結果的にリア充っぽくなるよね、っていう。


そんなこんなで淘汰してみたら、まあ〜、話題の無いこと\(^o^)/!
仕事の場合は守秘義務があるから「制作中〜♪」とか気安くオープンにはできないけど、それにしたってよっぽど耳も目も手も塞がってるんだなということを痛感しました。
話題の物、人、場所。今何が起きているかを知らないって、メディアに関わるクリエイターとしては死活問題。常にアンテナ張ってないと!
そして何よりオリジナル作品を作ってないってことは由々しき問題。


そんなわけで諸々反省したとりあえずの結果がこちらのfacebookページ。


ポートフォリオ化するには向いてないので、進捗の更新とかが専ら。
内容不足に宣伝不足も手伝って全然いいねが伸びないけど。でもちょっとずつ増えてます(ありがとうございます!)


せっかく絵を描くという特別な力を得たのだから、珍しくもない「日常」を晒すより「(他者にとっての)非日常」を発信したほうが良いはず。SNSは「発信するためのツール」なので単なる「日常体験談交換ツール」にしておくにはもったいない。
ただし売れっ子なら私生活も呼び水になると思うし、そうでなくとも自分のアイデンティティに関わることなら発信したほうが良いと思う(美術館に行った、同業の仲間とあった、話題の○○買ってみた、とか)
(個人の活動を意識しなくて良い人はそれで良いと思います。この話はあくまでぼくのような弱小イラストレーターのこと。。。)



それからぼくが参加しているイラストレーターズ通信でもSNSのビジネス利用で新規顧客の獲得に繋がった人もいるようなので、そういう可能性も頭の隅に留めておきたい。
あと、割と積極的に「電話営業」を続けているのだけれど、会ってくれる企業さんはめっきり少なくなったな〜という印象があって。
良くて「送って下さい」で「受け付けていません」「こちらで探しますので」というところがずいぶん多くなってきた感じ。それだけお目当ての作家を見つけやすくなったってことなんだろう、これは。 5〜6年前までは10件掛けたら3〜5件くらいはアポイント取れた気がするけど、今は20件掛けてようやく2〜3件とか(会えたからって仕事に繋がらないのは時代のせいじゃないよ!)
もしかしてこういう昔ながらのやり方は合ってないのだろうか?なんてことも思ったり。
コネクション作りの難しいフリーランスだから、なおさら上手に使っていきたい。

脱線したけどつまり何が言いたかったって、必勝パターンの営業術に乗りたいとかではなくて、確実にコミュニケーションの形は変化し続けてるんだなってこと。WEBは日常の逃避地帯ではなくって、もうとっくに現実の延長になんだということを意識していこう、というお話。
※そんな話のTop絵に30代ホイホイな絵を載せちゃう懐古脳でもあり。。。

以下宣伝〜☆


コミティア113
開催日/2015年8月30日(日)
会場/東京ビックサイト東2・3ホール
入場料/ティアズマガジンの購入が必要です。書店などで事前購入も可能。
出展ブース/ジャンルD(グッズ・雑貨)No.N28a

いつものギャラリーやギャラリーカフェと違って、新開拓の会場ですのでとても楽しみです☆
まだこちらは準備にかかっていないので、逐次お知らせしていきます。
ぜひぜひ、覗きにきて下さい〜♪

コメント

このブログの人気の投稿

なぜか占い師になって2018年のカレンダーを販売するという事態

イヤホンの正しい付け方があったとは