夏の思い出2012・沼津〜箱根ツーリング

9月に入って少し涼しくなってきましたね。
先月末に、バイクのマスツーリング(2人以上でツーリングすること)へ行ってきました。
始めに言っておくと、すごぉく楽しかったです!



AM6:00~6:15に西湘バイパスで待ち合わせ。
AM4:30には出ないと間に合わない。
なのに寝たのが2:30頃で、起きたのは4:00前。
支度して、買い置きした栄養ドリンク飲んで出発したのは4:45頃。
既に押してるし。写真撮ってる場合か。

 環八から東名高速で名古屋方面へ。
まだ付けたてのETCでETCゲートを通り抜ける快感!
バイクは本当に運転以外の作業に手間がかかるから。。。

AM6:05頃、なんとか時間内。
総勢15名、軽く自己紹介して出発!








 AM7:30頃、1時間半ほど国道を走って沼津港に到着。
「魚河岸・丸天」で海鮮丼の朝食。

魚介もご飯も大盛りの海鮮丼。
しかもおかわり1回無料!
実はウニ嫌いだったりして。。。
でも生シラスが食べれて幸せだー。
















味噌汁はカニ入りでした。
ごちそうさま!

連れてってもらっていたので
この辺りから地理が曖昧になってきます。
AM8:30頃、どっかから新東名に入り、途中PAで休憩。
ところが後続の4〜5台がはぐれて付いてきていないことが判明。
1時間ほど待つことになりました。
この頃になると、もう太陽がノリノリなもんで
一同かなり暑さにやられてきてます。

AM9:00頃、はぐれてたメンバーが合流。
予定通りあと30分後に御殿場ICへ向けて出発することに。





御殿場ICで高速を降りて、箱根スカイライン&芦ノ湖スカイラインへ。
ここはネットなどでも話題の峠道。
木漏れ日の間をバイクで通り抜けるととても涼しい。
富士山も横目によく見えます。
そして愛車GSR君はよく曲がる!
「君、こんなに倒せるのか〜!」と改めて自分のバイクの性能に感動。
途中“箱根の山は天下の険”なんて看板もあるような峠道で
こんなに下手でも上手になった気がするほど、安心して身を任せられる。
素晴らしいバイクです、SUZUKI GSR!

さて、峠のワインディングを十分楽しみながら、山頂の三国峠で一時休憩。








このあと箱根スカイラインを無事通り抜け、
芦ノ湖スカイラインの料金所前で後続の7〜8台を待つこと10分ほど。



いくら何でも遅い。。。
先行してた我々にもさすがに不穏な空気が流れ始めたとき
一台メンバーのバイクが追い着きました。





「一人転倒しちゃった。。。」






全員で現場へ引き返すと、
幸いライダーは手を擦りむいただけで済んだのですが、
バイクの方が可哀想なことに走行不能状態。
とりあえずレッカーを呼び、ライダーは病院へ。
1名+付き添いで2名途中リタイア。



残りのメンツは予定通り、芦ノ湖スカイラインを目指すことにします。
さっきの事故でみんな動揺していたのと
一人初心者2ヶ月の女の人がいたので、ペースはかなりスローになりました。

芦ノ湖スカイラインを抜けて箱根新道〜西湘バイパスへ。
やっぱりさっきの事故がショックで
ここまでのルートはあんまり記憶にないんです。。。
転倒した彼の、悲しそうで申し訳無さそうな顔を思い出すたび
もう気の毒で気の毒で。。。

待ち合わせ場所だった西湘SAで全員無事に着いたことを確認して
それぞれ思いを吐露しました。
主催の落胆っぷりにみんなが励ましたりして、
お互い何とか気持ちに整理を付けられたような感じでした。


本日最後の予定、不二家のケーキバイキングのため秦野へ。
なんでも主催がスイーツ好きでよく利用するとのことで、
同じく甘い物好きのサトウにとって、参加の決め手になったポイントでした。
(ついでに言うと、秦野の不二家はうちの両親の出会いの場でもあります。言わば聖地)
そして実は昼ご飯食べてなかったりして。
色々あったので、ここではとにかくしゃべりまくりました。

PM5:30頃、「とにかく全員無事で家に着くこと」と誓い合って不二家で解散。
サトウは東名高速から東京を目指します。
帰りは渋滞に巻き込まれ、且つ寝不足がここでたたってか
急激な眠気に襲われてまったく前進できませんでした。
家に無事着いたのはPM8:00頃。
そのまま床に横になって眠りこけてしまいましたとさ。




道中トラブルも色々ありましたが、
初めてづくしでとても新鮮な気持ちになれました。
5、6月頃から籠ってる時間がず〜っと続いていたので、たまっていた毒気が
富士の空気に浄化されたような気分です。
そしてまた旅に出たい気持ちが膨らんできました。
今年のたった一つの夏の思い出。
素敵なライダーさん達に出会えたことが一番の宝物です。
特に主催さん、トラブルにもめげずに最後まで引率して下さってありがとうございました。
また、ベテランライダーの皆さんのサポートもあって楽しく安全に走れました。
ぜひまたマスツーリングに出かけたいです。
おしまい。

コメント

このブログの人気の投稿

なぜか占い師になって2018年のカレンダーを販売するという事態

イヤホンの正しい付け方があったとは