『若草物語』を記憶にまかせて描いてみる


どんな話だったか、全然覚えてない。子供の頃「ハウス食品 世界名作劇場」でやってたのは覚えてる。
でも、“メグが一番上のしっかり者で、ジョーがおてんばの次女、他二名”って感じの記憶しかない(曖昧すぎ!)。だからあえて情報はいれず、エイミーとベスってこんな子だったんじゃないかと勝手な想像を膨らませて描いてみました。上二人が割とお姉さんだから、末の子は上に三人もいるから親の目も甘く奔放で甘えん坊(床で本読んでる)、間の三女はきっといつも姉にも妹にも存在負けして何事にもあきらめムード漂ってるはず(椅子の右端)だろう、と。


とりあえず、アニメや映画をモデルに描くのはやめとこうと思い、実話が元なんだしモデルになった姉妹の写真あるか探してみたけど、作者のルイザ・オルコット以外出てこない。
時代的かな。写真が簡単に撮れなかったのか、戦争のせいか。
たしか第一次大戦の頃でお父さんを兵役に取られて苦労した末、スイスに亡命する話…って、あれ?これはサウンド・オブ・ミュージックだ。
う〜ん、わからん。。。



それにしてもこのルイザの髪型すごいなぁ。誰かに似てる。。。

あ、アレイスター・クロウリーだ!と思ったけどそんなでもなかったね。

※写真はどちらもwikipediaから拝借。

コメント

このブログの人気の投稿

イヤホンの正しい付け方があったとは

なぜか占い師になって2018年のカレンダーを販売するという事態