投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

「働く」ことと『エリバ映画祭/11月23日(祝)』

イメージ
今月1日から参加している神楽坂のビストロ「A point」でのイベント『エリバ映画祭』。
参加者募集を見かけて、「なんかよくわかんないけど、面白そうだし!」と本当に勢いで参加を決めまして。

で、パンフをもらって、作品の搬入は終わって、展示も始まったけど、企画の趣旨が見えてこない。
一応参加者なのに当日までわからないままはイヤだな、と思い、エリバ主催のお二人(池田さんと千葉くららさん)とお話ししてきました。

「エリバ」の主旨を要約すると…
・「働く」ことが手段ではなく目的になっている人が多いのではないか
・目的を見失って「仕事」に意義を持って日々を過ごせていない人の存在
・結果として病気になったり、命を落としてしまう人までいる
・「仕事」とは「企業に属すること」になっていないか
・オートメーション化された商品や娯楽ばかりに囲まれて、人が関わっているということが見えてこない
・「仕事」に使われていられるのは若いうちだけ。年齢と共に自分より若い労働力に取って代わられるのは避けられないから、自分から発信する「シゴト」を見つけていく
・「エリバ」で大手企業が参入できない、小さなニーズを拾うことで形成する経済コミュニティで「シゴト」を発信するきっかけを作ってみたい
・初めは小さくとも、自分に無い能力を得意な人に代行してもらうことで、わらしべ長者的に発展させていくこと
・実践心理学を用いた働き方のアドバイス
・映像を使って考える「職場」のあり方やコミュニケーション
・主催者どちらのものでもなく、互いのものとして、全然関係ない名前を拝借(シゴクリのエリちゃんから)
・「エリバ」は何でも発信できる屋号として存在していきたい

といった感じです。
もっと色んな話を聞いたはずなんだけど、こんな感じだったはず(汗)

ぼくも「仕事」はライフスタイルの一部と思います。
必要とする人がいて、それに応える能力を持った人がいて、その能力と成果を提供する。
受け手は自分で生み出すはずだった手間を省いて時間を得る代わりに対価を支払う。
その対価となる金銭を独占するために集団を作るのではなく、より広く社会に提供できるように「仕事と金銭のバケツリレー」みたいなことが正しい「仕事」なんじゃないかと。
企業に属することで発揮できる能力もあれば、団体の制約から離れたところで発揮する能力もあります。
働き方は人それぞ…

私事ですが、とても頭が固いなと

イメージ
今日は一段と冷えますね。

下まぶたを入れると途端に表情と人物の個性が出た気がします。
なんで今まで気づかなかったのか…。 柔軟に務めているつもりでも、まだまだ頭でっかち。
まあ、試したことと気付けたことを自己評価して前進しましょう〜☆ 頭も心も柔軟でいたい。

炭水化物依存症っていうのがあるらしい

イメージ
ぼくは一回の食事でご飯二合は軽く平らげるのだけど。。。 これってそういうことなのかな??
http://matome.naver.jp/m/odai/2135839995438829601

山積みのパンケーキなど、夢のようなんだけど( ;´Д`)

『にょっきりスナック番狂せ』終了しました!

イメージ
10月いっぱい展示させていただいた、四谷のバー「番狂わせ」での企画展、 『にょっきりスナック番狂せ』終了しました。

久々にワークショップ形式ではないグループ展に参加して、純粋に楽しいことと
やりたいこと、そして自分に何が出来るのかがよくわかった展示でした。

そのせいか、ぼくの絵は概ね好評だったようで、いろんな人からお褒めの言葉をたくさんいただきました。
おかげ様で、この先を続けていくことにすごく自信がつきました。

出展したのはこの2点です。




「ちょっと気持ち悪い感じでいこう」と思って描いたのですが、なぜか「可愛い」と言われる。。。
そして魚群の絵から「ドクターフィッシュ」の話題に展開するお約束も生み出して。


実は、試しに某イラストレーション誌の公募に出展してみたのですが、まあ結果は…。
そうそう、うまくはいきませんよね。


でも、これからもっと洗練させていけば受賞の機会にも恵まれるかもしれません。

それだけの希望を得られたことを、誘って下さった企画者兼作家の江戸川ズルさんと番狂わせの公家ママはじめ関係者の皆さん、ありがとうございました!
また、あまりお話しできなかったけど、一緒に出展した作家の皆さんも同じ時間を共有できて嬉しく思います。
最後に。観て下さった皆さま、気に入って下さった方達、本当にありがとうございました!

「エリバ映画祭2013」イラスト展示参加中!

イメージ
『エリバ映画祭』とは?

赤ちゃんは泣くのが仕事、子どもは、遊ぶのが仕事とよく言うけれど、
この2つに共通することは「自分のためになる」ということ。

じゃあ、あなたにとって仕事って?
もしも仕事で健康を害したり、精神的に参ってしまうようであれば、
自分にあった働き方をつくる必要があるのかも。
仕事をつくるなんて大変そうだけど、“シゴトクリエーター”には、誰だってなれる。
いつもよりのびのびできる「いま」のために、工夫すればいいだけだから。

仕事の仕方、思いは人それぞれ。自分なりの正解はどんな働き方だっていいはず。
働くことに愛着が持てるように、シゴトをクリエイトしてみませんか?
(池田八惠子さんホームページ“シゴトクリエーター”より転載)


“シゴトクリエーター”のイラストレーター・池田八惠子さんと編集・千葉くららさんのユニット「エリバ」企画のイベントで、公募した「仕事がテーマの映像作品」の発表会が『エリバ映画祭』。
11月23日(土・祝)勤労感謝の日に開催。
その開催月のイベントの一環で、「仕事」がテーマのイラストポスターの掲示も行っています。ぼくはそちらに参加中!

★イベント詳細★
【上映&イベント】会期:11月23日(土・祝)予約受付中!
◎ご予約はこちらからどうぞ→エリバ・ホームページ《メールフォーム》

①10:00〜11:00
エリバのシゴト説明会
参加費無料


シゴト・ユニット「エリバ」の活動をご紹介。
池田八惠子と千葉くららが目指すシゴト、エリバ映画祭の魅力など。

対象:
・エリバと一緒にシゴトをつくりたい方
・動画づくりワークショップを導入したい企業・学校関係者の方
・新しい働き方を取り上げたいメディアの方

②15:00〜17:00
シゴクリアワード&座談会
参加費:500円


自分で自分のシゴトをつくった人(=シゴトクリエーター、略してシゴクリ)
にスポットを当てた、シゴクリアワード。

今年は伊藤洋志さんをお迎えし、エリバが制作したドキュメンタリー作品の上映と、
座談会を行います。

伊藤さんが提唱する「ナリワイ」とは?

③18:00〜21:00
シゴトのヒトコマ上映会&交流会
参加費:500円


エリバ映画祭が一般公募したシゴトをテーマにしたドキュメンタリー作品の
プレミア上映とディスカッション。製作者をまじえての交流会も。

いつもと違う角度からシゴトと向き合う新鮮さをおすそ…